外国人エンジニア採用ならIT JOBs in Japanへ
IT JOBs in Japan

IT JOBs in Japan » 代表者コラム » ミャンマー人ITエンジニアの特徴と採用するメリットを解説

ミャンマー人ITエンジニアの特徴と採用するメリットを解説

2022年10月10日 公開

IT Jobs in Japan 代表の村元です。今回はミャンマー人ITエンジニアの特徴と採用するメリットについてお伝えさせていただきます。

ミャンマー人ITエンジニアの採用メリット

<国民性と気質>

ミャンマー人の気質として目上の人を敬い、調和と秩序を重んじる姿勢が強いと言われます。そのため、ミャンマー人は日本企業に独特な年功序列制度に理解を示す傾向がありますこれはミャンマー人の8割以上が仏教を信仰しており、日本人と文化的な背景が似ており、日本人からすると一緒に働きやすい性格といわれます。組織のルールを守ることや上司の指示をきちんと守るということは、日々の業務遂行やプロジェクトチームを作る上でも信頼できる仲間となってくれる可能性が高いと言えます。

<英語力>

ミャンマーは国民の約7割を占めるビルマ族以外に135の少数民族を擁する多民族国家であり、国内には複数の言語を母語とする人がいます。旧イギリス領であった影響で英語表記にも強く、IT技術の最新動向は英語の文献が圧倒に多いため、新技術のキャッチアップであったり、グローバルなプロジェクトで英語が話せるエンジニアが必要になる場合などで非常に心強い存在になります。

<採用後の定着に期待>

ミャンマー人のITエンジニアにとって、現在の軍事政権下のミャンマー国内ではエンジニアの職に就くのがなかなか難しく、また市場経済を解放してからまだ年数が浅いことから国内産業が十分に発達しておらず、全体の就職率は50%以下とも言われています。
また、選考の機会すら十分に得られない優秀な工学系の学生も多数存在しています。

そうした状況から、ミャンマー人ITエンジニアを積極的に採用することでミャンマーにおける就職難の問題を解決し、日本におけるエンジニア不足を解消するため、日本でミャンマー人エンジニアが採用されることは双方にメリットがあり、また上述の通り、秩序や上下関係の重んじる気質が似ているため、入社後の定着のしやすさにも期待ができます。

ミャンマー人のITエンジニアが注目されている理由

ミャンマーでは2021年2月1日に政府の国軍による軍事クーデターが発生し、現在も国内での争乱が収まらない状況が続いています。その背景もあり、海外での就職や転職を検討する人材が増加しています。その中で日本に対して好意的な印象を抱いているミャンマー人は多く、例えば、外務省がミャンマーに対しておこなった対日世論調査において、学びたい外国語で英語の次に日本語を習得したいという結果が出ています。また若年層の日本文化への関心の高さも相まって日本での就職は選択肢の一つになっています。
(参考:https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005211.html

2011年に軍事政権から民政移管された後のミャンマーでは東南アジア最後のフロンティアと称せられ、日本語学校数も一気に増え、2018年度機関調査では、ミャンマー全国で400校ちかくの民間の教育機関が日本語教育を行っていることが確認されています。また多くの日本企業がミャンマーに進出し、IT業界においても人件費の削減を目的に、ミャンマーをオフショア開発先として選ぶ企業も出てきました。近年でも安価で優秀な人材を確保できるため、日本でもミャンマーはオフショア先の国として認知が進んでいます。

まとめ

IT Jobs in Japan では2022年で複数名の人材紹介実績があります。
ミャンマーITエンジニアの採用をご検討中の場合は、ぜひit jobs in japanまでご相談ください。

エンジニア採用について相談してみる