外国人エンジニア採用ならIT JOBs in Japanへ
IT JOBs in Japan

IT JOBs in Japan » 代表者コラム » フィリピン人ITエンジニアの特徴と採用するメリットを解説

フィリピン人ITエンジニアの特徴と採用するメリットを解説

2022年10月19日 公開

IT Jobs in Japan 代表の村元です。今回はフィリピン人ITエンジニアの特徴と採用するメリットについてお伝えさせていただきます。

フィリピン人ITエンジニアの採用メリット

<日本で働く心理的ハードルが低い>

フィリピンは世界でも日本語学習者が多い国と言われており、また、日本国内で働くフィリピン人も多く、サービス業や英語教育等を中心に年々増加しています。特に近年の傾向としてフィリピンではITエンジニアが増えており、若い人たちが多いのが特徴です。特に大学でIT関連を専攻し、卒業をしてすぐの人やフィリピン現地の日系オフショア企業で経験を積んだ20代30代の層が中心になります。距離的にも比較的日本とも近いため、観光で日本を訪れるフィリピン人も多く、日本に対して好意的な印象を持っている人も多いため、日本で働く事の心理的ハードルは他の国よりも低いと言えるでしょう。

<職場のコミュニケーションが活発化>

多くのフィリピン人は陽気でフレンドリーな人が多く、話し好きであるため職場でも和気あいあいとした雰囲気を求めます。また、報恩感謝を大切にする義理人情に厚い国民性があると言われています。気さくで話しやすいフィリピン人ITエンジニアが職場が入る事で、職場の雰囲気が明るくなり、結果として社内のコミュニケーションが活発化する効果も期待する事が出来ます。

<英語力の高さ>

フィリピンでは英語は公用語の1つであり、おおよそ国民の8割以上が英語を話せると言われています。当然ながら英語の文献が読めることは最先端のIT技術のリファレンスをいち早くキャッチアップできるほか、世界各国のITエンジニア達ともオンラインでコミュニケーションができるため、日進月歩で進化するIT業界ではフィリピン人のITエンジニアは多いに活躍ができるアドバンテージを持っていると言えるでしょう。また近年は欧米のコールセンターのアウトソーシングだけでなく、英語力が高い人材が多い事の強みを活かしてオフショア開発先としても著しく成長をしています。

<まとめ>

フィリピンはITに従事するエンジニア人口が増加しているため、今後もより魅力的なITエンジニアのリクルーティングができる採用市場になることは間違いないでしょう。外国人ITエンジニアの採用を検討している方はぜひフィリピンも視野に入れてみてはいかがでしょうか。フィリピン人ITエンジニアの採用をご検討中の場合は、ぜひit jobs in japanまでご相談ください。

エンジニア採用について相談してみる