外国人エンジニア採用ならIT JOBs in Japanへ
IT JOBs in Japan

IT JOBs in Japan » 代表者コラム » バングラデシュ人ITエンジニアの特徴と採用するメリットを解説

バングラデシュ人ITエンジニアの特徴と採用するメリットを解説

2022年10月20日 公開

IT Jobs in Japan 代表の村元です。今回はバングラデシュ人ITエンジニアの特徴と採用するメリットについてお伝えさせていただきます。

バングラデシュ人ITエンジニアの採用メリット

<優れたIT人材が眠っているバングラディシュ>

インドの隣国であるバングラディシュは、IT先進国として成功したインドをベンチマークとしており、社会の様々な分野で IT 技術の導入を促進する「デジタル・バングラデシュ」があります。「デ ジタル・バングラデシュ」推進のため、政府が主導して IT 分野における人材育成を積極的に進めており、高い技術力を持った IT 技術者が多く輩出されています。また、欧米のオフショア開発先としても成長を続けており、ITエンジニアの労働人口が年々増加しています。

参考:日経XTECH バングラデシュのIT人材「数学的思考に強い」

<優れた英語力>

バングラデシュ人はイギリス連邦の一つであり、大学の授業等は英語で行われ、TOEICでは国別の平均値が英語非母国語国で常にトップクラスに位置するほど流暢な英語を話します。英語の文献が読めることは最先端のIT技術のリファレンスをいち早くキャッチアップできるほか、世界各国のITエンジニア達ともオンラインでコミュニケーションができるため、日進月歩で進化するIT業界ではバングラディシュ人のITエンジニアは多いに活躍ができるアドバンテージを持っていると言えるでしょう。

<日本人との親和性>

バングラデシュ人の多くは真面目で協調性のある国民性と言われています。また、バングラディシュは有数の親日国です。その理由として約40年前にパキスタンから独立した際、先進国で最初に日本がその独立を認めたことや長年ODAで支援を続けた事が起因しています。
このようにバングラディシュ人の気質は日本人ともマッチしており、好印象を持っている日本で働く事に関しても肯定的に考える人も多いと言えるでしょう。

<まとめ>

バングラディシュのIT業界は今後もますます成長していくことが期待されていますが、国内にまだまだ十分なリクルーティング市場が成熟していない状況です。優秀なITエンジニア人材が埋もれている可能性もあり、採用をするチャンスが十分にあると言えます。外国人ITエンジニアの採用を検討している方はぜひバングラディシュのIT人材の採用も検討してみてはいかがでしょうか。
バングラデシュ人ITエンジニアの採用をご検討中の場合は、ぜひit jobs in japanまでご相談ください。

エンジニア採用について相談してみる