外国人エンジニア採用ならIT JOBs in Japanへ
IT JOBs in Japan

IT JOBs in Japan » 代表者コラム » エストニアのITエンジニアの特徴と採用するメリットを解説

エストニアのITエンジニアの特徴と採用するメリットを解説

2022年11月07日 公開

IT Jobs in Japan 代表の村元です。今回はエストニアのITエンジニアの特徴と採用するメリットについてお伝えさせていただきます。

エストニアのITエンジニアの採用メリット

<電子国家と称せられるエストニア>

バルト3国の1つであるエストニアは2000年代前半より、国策としてIT立国化を推進しており、2005年には選挙において自宅から投票できるインターネット投票を実施、その他にも、行政サービス、教育、医療などあらゆる分野におけるIT化を進めています。エストニア国民の生活にはあらゆる領域でIT化が行き届いており、ほとんどのサービスがオンラインで完結するようになっています。国民全体のITリテラシーも総じて高く、世界最先端のデジタル社会を実現しています。

<公的システム開発の経験やナレッジ>

エストニアではあらゆるサービスがオンライン化されており、まだ日本では導入されていないような
電子選挙や公的な申請なども実現されています。今後、日本でも役所での申請手続き等もゆるやかに
進んで行くと思われますが、エストニアでは既に完成されているものが多いため、経験豊富なエストニア人エンジニアの力をかりることで公的システムの開発経験やナレッジを活かしてシステム開発ができるかもしれません。

<セキュリティ関連のスキルが高いエンジニアが多い>

上述の電子政府を実現するには言わずもがな高度なセキュリティ技術やインフラ基盤に関する確かな技術力が要求されます。実際、Global Cybersecurity Indexによるレポートによるとエストニアは欧州一の情報セキュリティ国家と評価されており、高い暗号化技術やセキュリティ技術を持っています。

余談ですがSymantecやMalwarebytesといったグローバル企業のリサーチや開発拠点でもあります。
セキュリティに関して強いエンジニアが多いため、エストニア人のITエンジニアはグローバル視点でもリクルーティング市場として有望な存在になってくると言えるでしょう。

<まとめ>

高度なセキュリティ技術や電子政府化を実現した優秀なエストニア人ITエンジニアの存在は日本のシステム開発においても先人であり、開発経験者であるため非常に重要な人材になりうる可能性を秘めています。外国人ITエンジニアの採用を検討している方はぜひエストニアも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

エンジニア採用について相談してみる